インタビュー

スピーキング上手のボスが使った英語学習テキスト【ともだちインタビュー】

スピーキング上達法

以前働いていた東京にある外資系の会社に、電話だとおそらく日本人とは分からないアメリカ英語を話す日本人の上司がいました。

アメリカに1年行っていただけでは話せたり上手に書けたりすることが出来るようになると思えなかったので、一体どんな勉強法だったのか興味があり、しつこく質問し続けていました。

ランチのオーダーの時など、滑舌悪い上に声のボリュームが小さくて店員に聞き返されるのに(本人談)、英語になるといきなり流暢に通る声で話しているのが本当に不思議でした。質問することおそらく10回以上、やっと少しだけ教えてくれました。

バックグランド

スピーキング

まず、そもそも英語学習をどの時点からはじめて、英語を使う機会がどのくらいあったのか聞いてみました。

  • 英語学習は高校3年まで
  • 20代の頃に1年ほどアメリカ滞在(語学学校とその後バックパック旅行)
  • 日本で外資系起業に就職が決まってから、慌ててセブ島に語学留学(2週間)
  • 以前働いていた会社の上司が、日本語をまったく話さないアメリカ人だった
スピーキング勉強法


語学学校の手続きはエージェントなどを介さずに全て自分で行ったこと、セブ島の語学学校のコースが行ってみたら酷かったので、すぐに上級コースに変更してもらったことなど、英語を習得するという目的のため自分から前のめりにアクションしていったんだなと思いました。

学習に使ったテキスト

英語学習おすすめテキスト

日本での英語学習に使い込んだというテキストを紹介してもらいました。ちょっと古いですが、ジャパンタイムズのLIVEシリーズ。

書店で付属CDのサンプルが流れていて、当時はそれがネイティブスピードに近いと感じ、選んだのだそう。(ちなみに、まだ20世紀の頃。)CDの最初の方は面白くなく挫折しそうになるのだけれど、後半が楽しいんだとか。

学習法

リスニング上達
  • 会話中心のテキストを選ぶ
  • ひたすら付属CDを聴く
  • リズムを意識して聴き、音と音がどのようにつながっているかに注意を払う
  • わからなかったところはスクリプトと解説を読む
  • ぶつぶつ言ってみる
  • 繰り返す

・・・だそうです。ほんとにそれだけ?と思いますよね。他にも語学学校での勉強などもありますが、自分のスピーキング力向上に大きく役立ったのはこの部分であると思っているそうです。

スピーキング教材
使い古してあるそのテキストを借りてみたら
たくさん線が・・・


同じシリーズのビジネス英語版のも、職場でのアメリカ人上司との会話に役に立ったそうです。

そして、イギリス英語独特のリズムを学ぶために同シリーズのイギリス英語版も買ったそう。アメリカ英語のリズムから入ったので、イギリス英語のようにクリアにポキポキと区切られて話されるとわからなくなるのと、独特のリズムに戸惑うらしいのです。

Live from Londonの付属音声を聞きながら、「これこれ、この独特のリズムだよ!イギリス英語。あー、ここ、ここ! 超イギリス英語!」と、勝手に盛り上がったボス。

このシリーズを使って、同じ学習法をひたすら続けたらしいです。やはり継続は力なりですね。そんなにかっこよく話せるようになるのなら、ちょっとその勉強法を真似してみようかなと当時思ったのを覚えています。もちろんイギリス英語で。

スピーキングおすすめテキスト

この方法をイギリス英語の洋書テキストでするなら、先日ご紹介したEverydayシリーズがよさそうです。

※2014年3月、旧ブログに投稿した記事の転記でした。

ネイティブのトークを楽しむなら、こちらもおすすめ。イギリス人2人組がロンドンのレストランを中心に紹介する旅とグルメのチャンネル、TOPJAW。

ABOUT ME
mistletoe
ケンブリッジ英検、英語教材、Jamiroquai、イギリス関連情報を中心に書いています。イギリスでの経験はざっとこんな感じです。単身渡英、語学学校(Lewesにて)、アルバイト、ホームステイ、フラット・一軒家ひとり暮らし、学生ビザからレジデンスパーミットに変更、観光ビザで再入国を試みた空港での個室尋問、就職活動、イギリス企業就職数回、ワークパーミット取得、車の運転・売買・追突、永住権取得、2012年ロンドンオリンピックでの仕事。一度日本へ帰国し、家族の大学院留学同行で再渡英。ウェールズにてAirbnbホスト(ほぼ毎日満室御礼)をしながら英企業で働き、2015年ラグビーワールドカップ応援(Walesファン)。現在は東京で英系ではない会社でフルタイムで働くかたわら、イギリスが朝になると英企業に日本からリモートワーク、少し前に東京で起業した株式会社も運営しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください