日本でイギリス

イギリス人シェフ【ジェイミー・オリバー】の失敗しないカレーレシピを新発売【ラッセル・ホブス】チョッパーで

ジェイミーオリバー

イギリスの人気シェフ『ジェイミー・オリバー』のメニューの中から、失敗しないカレーのレシピをピックアップしてみました。カレーはもともと失敗しないメニューの代表みたいなものだと思いますが、ご紹介するのは「技術的な失敗」だけではなく、「英文解釈が誤っていた」という失敗をしてしまったとしても、多分それなりの味になるであろうレシピです。

私はイギリスでも日本でも、月に一回くらいはこれを作っています。一般的な日本の固形カレールーで作るよりも健康的でおすすめですよ。日本で作る場合のおすすめカレーパウダー(700円くらい)もご紹介しています。

Jamie Oliver (ジェイミー・オリバー)とは

イギリスが世界にほこるシェフ/社会事業家。1975年生まれ。幼いころよりパブ・レストランを経営する両親の手伝いを通じて、料理に親しむ。難読症のため学業をあきらめ、16歳で料理人の道へ。BBCの料理番組「裸のシェフ」で世界的な人気を博す。食を通じた社会貢献、啓蒙活動にもきわめて熱心で、英国の学校給食改善運動や、ストリートキッズ支援運動など、自ら団体をたちあげ精力的に活動している。1999年には、ブレア首相の公式行事の昼食も担当している。

Amazon 著者紹介ページより

自信満々のトークで親しみやすいメニューを冗談言いながら手早く作り、男前に盛り付けるジェイミーのクッキングはもはやショー。

Save with Jamie

ジェイミーの2013年に発売された『Save with Jamie』は、Shop Smart, Cook Clever, Waste Less がテーマ。それでいて、一食あたり1ポンド以下なのに栄養もあるレシピも掲載。本国イギリスのAmazon UK のレビューをみると、いかに人気だったかわかります。

Pukka Yellow Curry

コリアンダー

その『Save with Jamie』より、おすすめのカレーレシピを紹介します。

Pukka Yellow Curry

“プッカ”・イエロー・カレーと読んでしまった方、ハズレです。ケンブリッジディクショナリーで発音を聞いてみてくださいね。”Pukka” は、インドが語源のイギリスのスラングで、本物とかクオリティーの高いものを言い、ジェイミーもこのスラングを多用します。

このPukka Yellow Curryはチキンカレーなのでベジタリアン・ヴィーガンメニューではないのですが、パプリカ、コリアンダー(パクチー)、玉ねぎなど、野菜が多く入っていて、とても健康的です。作り置きにもぴったり。

おすすめのカレーパウダーと分量

イギリスにいるころはBARTのパウダー(HOT)を使っていましたが、日本ではスパイス以外の余計なものが入っていない『インデアンカレー』がおすすめです。近所の安売りスーパーでも手に入れることができました。

『インデアンカレー』を使う場合、カレーパウダーはレシピ分量の倍、水は少なめがおすすめです。(分量通りに作ると、カレーというよりは、カレー味のスープみたいなものが出来上がります。)

私はコリアンダーを倍量で作っていますが、多少野菜や調味料の分量が違っていても、問題なく出来上がりますよ(多分)。後から入れるはずの玉ねぎを最初から全部チョッパーで粉々にしてしまったりとか、チックピーを入れ忘れて完成直前に慌てて全投入したりとか、これまで様々な間違いをしていますが、完成するころには毎回だいたい同じ味になっています。

Corner of the EarthのJayのようなロゴが目印です。
Jamieの番組内で、JamieがJamiroquaiのJayのお宅でクッキングしたこともありました。二人仲良くお酒の買い出し行ってゲットしているビールは「ステラ・アルトワ」ですね。

【新発売】Russell Hobbs (ラッセル・ホブス)のチョッパー

このカレーを作るのにおすすめするクッキングツール、ミニチョッパー。

イギリスブランドの『Russell Hobbs (ラッセル・ホブス)』から、新しいチョッパーが5月に発売になるようなので、そちらを使ってイギリス気分を高めてみてはいかがでしょう。3月31日(水)までは、クラウドファンディングMakuake で少しお安く買えるようですよ。

さいごに

英文レシピ

失敗しないジェイミー・オリバーのPukka Yellow Curryレシピとラッセル・ホブスのチョッパー新発売のご紹介でした。ジェイミーのレシピは、材料もシンプルで手順も比較的簡単なものが多いので、英文レシピデビューにもおすすめです。

ABOUT ME
mistletoe
ケンブリッジ英検、英語教材、Jamiroquai、イギリス関連情報を中心に書いています。イギリスでの経験はざっとこんな感じです。単身渡英、語学学校(Lewesにて)、アルバイト、ホームステイ、フラット・一軒家ひとり暮らし、学生ビザからレジデンスパーミットに変更、観光ビザで再入国を試み空港で個室尋問、就職活動、イギリス企業就職数回、ワークパーミット取得、車の運転・売買・追突、永住権取得、2012年ロンドンオリンピックでの仕事。一度日本へ帰国し、家族の大学院留学同行で再渡英。ウェールズにてAirbnbホスト(ほぼ毎日満室御礼)をしながら英企業で働き、2015年ラグビーワールドカップ応援(Walesファン)。現在は東京で英系ではない会社でフルタイムで働くかたわら、イギリスが朝になると英企業に日本からリモートワーク、少し前に東京で起業した株式会社も運営しています。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください