ケンブリッジ英検

ケンブリッジ英検テキストを無料ダウンロード(約5,000円相当)

free download

Cambridge University Press サイトでケンブリッジ英検テキストを無料ダウンロード

ケンブリッジ英検は受験料もテキスト代も(ハードルも)高いですよね。 世界中の英語学習者に指示され続けている「Grammar in Use」シリーズ や各種ケンブリッジ英検対策テキストを発行している Cambridge University Press さんが、コロナ禍で通常の授業を提供することが難しい先生たちへのサポートとして、ケンブリッジ英検テキストのEXAM BOOSTERを、なんと!無料オンライン公開されています。

今回その情報が公開されたのは、Cambridge University Pressのブログ、ソーシャルメディアでした。

2020.8.追記:残念ながら無料ダウンロード期間が終了したようなのでリンクを削除しました。Amazon などで購入可能です。

参考リンク:
Cambridge University Pressのブログ(英語)
https://www.cambridge.org/elt/blog/

通常ならAmazon Japan で 1冊5,000円程

問題集・解答・音声・ライティングのモデルアンサー、すべてをオンラインでダウンロード可能です。これだけでケンブリッジ英検の全パートを知ることができてしまうお得な1冊。試験対策はもちろんのこと、どのレベルを受験しようか悩んでいる場合にも便利そうですね。

Cambridge English EXAM BOOSTER

おすすめポイント

  1. ケンブリッジ英検の全パートをカバー
  2. 音声ダウンロードリンク付き
  3. ボキャブラリー演習
  4. プラクティカルアドバイスあり(注)
  5. オーディオスクリプト
  6. ライティング問題のモデルアンサーあり
  7. 試験概要

この「プラクティカルアドバイス」って、よく洋書テキストのウリとして見かけることあるのですが、飛びついて読んでみると「それ、普通じゃない?」っていうアドバイスも結構な確率で含まれます。それだけ当たり前のことをついうっかり忘れてしますということなのでしょう。例えば、こちら。  “When you have finished, read through the whole text again to make sure it makes sense.”

ケンブリッジ英検 独学
image credit: Cambridge University Press

たいていの日本人の受験者にとってハードルが一番高いのはスピーキングパートだと思います。こちらのテキストでは、スピーキングパートの全体の流れとタスクタイプ、タスクフォーマットとアドバイスを読むことができるので、心の準備をしてから当たって砕けてみることができます。

ケンブリッジ英検 独学
image credit: Cambridge University Press

独学をしていると、ライティングのモデルアンサーもうれしいですよね。ライティングが手も足もでない時は、モデルアンサーを書き写してみるところから始めるのもいいと思います。そして使い回しできそうなフレーズを見つけて書きためておき、次回のライティングでさりげなく登場させるのがおすすめです。

その他のケンブリッジ英検おすすめテキスト

ケンブリッジ英検対策のテキストはTOEICなどに比べると数がかなり少ないですが、1冊を「やり切る」のには時間も労力もかかります。おすすめテキストについては後日詳しく書いてみたいですが、比較的短時間で終わらせられるサプリメント的なテキストのおすすめをご紹介します。

Cambridge University Press 発行のCommon mistake シリーズ

その名の通り、受験者がよく間違うポイントをピックアップして解説してくれています。大抵のサンプルは、私も同じように間違うなと確信できました。洋書にしては薄く持ち歩きやすいので、スキマ時間でのケンブリッジ英検対策におすすめ。

Oxford University Press 発行のWord Skills Idioms and Phrasal Verbs シリーズ

こちらは特にケンブリッジ英検対策に特化しているテキストではありませんが、イディオムやフレーザルバーブを楽しく覚えることができ、気がつくと試験対策にもなっていたという効果が期待できます。このテキストは、面白さや構成、使いやすさ、どれをとっても自分の中で1、2を争うお気に入りです。わがままを言えば、イギリス英語の発音のオーディオダウンロードがついていたら耳学習もできたなと思いました。

さいごに

ここ数年でIELTS関係のテキストは書店で多く見かけるようになりましたが、ケンブリッジ英検は引き続き少ないですね。受験者が少ないのでしょうがないとは思いますが、IELTSと違って有効期限がない英語試験なのでもう少し賑わって欲しいところです。これからも洋書テキストを中心に使ってみた感想を少しずつレビューしていくつもりですので、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
mistletoe(みそと)
ケンブリッジ英検、英語教材、Jamiroquai、イギリス関連情報を中心に書いています。イギリスでの経験はざっとこんな感じです。単身渡英、語学学校(Lewesにて)、アルバイト、ホームステイ、フラット・一軒家ひとり暮らし、学生ビザからレジデンスパーミットに変更、観光ビザで再入国を試みた空港での個室尋問、就職活動、イギリス企業就職数回、ワークパーミット取得、車の運転・売買・追突、永住権取得、2012年ロンドンオリンピックでの仕事。一度日本へ帰国し、家族の大学院留学同行で再渡英。ウェールズにてAirbnbホスト(ほぼ毎日満室御礼)をしながら英企業で働き、2015年ラグビーワールドカップ応援(Walesファン)。現在は東京で英系ではない会社でフルタイムで働くかたわら、イギリスが朝になると英企業に日本からリモートワーク、少し前に東京で起業した株式会社も運営しています。