イギリス生活

海外に住んだら気になった日本独特なこと

ワイングラスの持ち方

イギリスに住まずに、ずっと日本で暮らしていたならば気がつかなかったかもしれない日本独特なことをリストにしてみました。良いとか悪いとか、どっちが正解ということでもないこと、私の主観も含まれますが、笑いながら読んでくれたら嬉しいです。

イギリスで暮らしていなければ、気にならなかったかもしれない日本人あるある

テーブルマナー・食事

ワイングラスの持ち方

wineglass左:ボール(カップ)持ち 右:ステム持ち

多くの日本人は、ワイングラスを持つ時に写真右側のようなステム持ちではないでしょうか。こちらについては旧ブログで書いたところ多くのコメントを頂いたトピックです。欧米では写真左の様にボール(カップ)の部分を持つというのがオフィシャルのようです。ケンブリッジ英検の試験委員でもある日向清人先生のブログから一部を抜粋させていただくと・・・

ビジネス英語通になるための25話

問題意識と観察力が重要なのは、英語の勉強だけではありません。ほとんどの日本人がワイングラスの柄の部分をつまむように持つ例などは、問題意識や観察力を欠いたまま、見よう見まねで済まそうという姿勢の限界を示していま す。食卓なのにワインテイスティング(試飲会)の場であるかのような持ち方で飲む姿は奇妙なものです。洋画でのレストランのシーンや外国のちゃんとし たレストランでの見聞から気付きそうなものですが、問題意識がないため、カップ状の部分を普通に持てばいいことに目が行かないのでしょう。柄を持つのが本式と説くテーブルマナーの本まで出ています。ちなみに、ある著名なフランス料理店のソムリエに聞いたところ、日本人客の9割がそういった持ち方をしているのに、外国人客だと比率が逆とのことでした。

日向清人先生のブログより(残念ながら現在は閉鎖)
先生のご了解を得て掲載させていただいています。

確かに、イギリスの会社にいた頃のクリスマスパーティーや、一体何回行ったかわからないパブで周りを見渡すと実感できました。

日本:ステム持ちが多い
イギリス:ボール(カップ)持ち

皿の持ち上げ

イギリス(欧米?)では皿を持ち上げて食べるのはタブー。それに慣れると、日本に帰ってきて居酒屋などで取り皿を持ち上げながらつまみを食べる友達を見ると、そういえば日本はそうだったなと思います。

日本:皿を持ち上げて食べることが多い
イギリス:皿は持ち上げずに食べる

そば・コーヒーをすする音

蕎麦は日本のものなので、すする音を立てて食べてもよいのかもしれませんが、パスタはちょっと・・・。時々女性でもパスタをズーズー音を立てながら食べているのを目にして微妙な気分になります。それから、コーヒーや紅茶も。日本のおじさんに多い気がします。

日本:ズズーー
イギリス:音を出さずに食べる

みかんの皮の剥き方

イギリスの会社で働いていた頃、オフィスで朝食にみかんを8個くらい食べるのがマイブームだった時期があるのですが、ある日イギリス人の同僚に、私の皮の剥き方が独特だと指摘されたことがありました。その剥き方は日本人が見たら100%違和感のない方法(左)だと思いますがいかがでしょうか。右がイギリス人の同僚です。わかりやすい様にちょっと大袈裟気味に剥きました。

orange

日本:写真左のように剥く人が多い
イギリス:写真左のように剥く人は少なく、右のようになる場合が多い(というか、皮がきれいに剥けないみかんが多くあり、簡単に剥けるものには “Celementine Easy Peeler Pack” “Jaffa Easy Peeler” などと書いてあり、ネットに入って売っていることが多いです。日本で買うみかんは簡単に剥けることが割と当たり前ですよね。)

しぐさ・服装

胸元の開き具合

欧米女性の服装って、胸元が大きく空いていること多いですよね。オフィスでも普通にいます、谷間が見えている人。日本のオフィスで同じことしたら、結構まずくないですか?イギリス人の友達で日本に5、6年住んでいた女性がいるのですが、彼女からしてみると日本女性の服は胸元が上の方まで詰まっていて、そうすると老けて見えると言っていました。イネス・リグロンが言いそうな意見ですね。

日本:胸元を大きく開けない
イギリス:胸元が詰まっていると老けて見える(らしい)

笑うときに口を覆う・手を叩く

日本女性が笑うときに口を覆う(手で口を隠して笑う)のは何故なんでしょう。歯の詰め物が見えなくていいのかもしれないですが、ちょっと昭和な感じというか、結婚式のグループ写真で女性のほぼ全員が肩にショール羽織ってた時代に感じるのは気のせいでしょうか。あとは大笑いする時に手を叩くとか。この2つはイギリス(海外)ではやらない方が無難と思われます。

日本:笑う時手を口に当てて隠す人が多い
イギリス:隠す人は少ない

自分への指差し

これは語学学校の先生が笑いながら教えてくれました。「なんで日本人は自分のことをいう時に自分の鼻あたりを指差して’me’ って言うの?」と。胸のあたりに手を当てながらが自然らしいです。(ちなみにその先生は日本人ビジネスマンたちに英語のグループレッスンをした時に、彼らが鼻をかまずにずっとすすり続けていることも気になったと言ってました。)

日本:鼻のあたりを指差す
イギリス:胸のあたりに手を置く(鼻は指差さない)

写真撮影時のピース

写真を撮る時のポーズ = ピースサインみたいな日本の風習、いつから始まったんでしょう。大人もやっているとちょっと痛々しく見える気がするのは気のせいでしょうか。

日本:ピースする人が多い
イギリス:ピースする人はほぼいない

ないない、いらないの手振り

「コーヒーいかがですか?」「いえ、結構です。」のような会話をする時、または口頭でなくジェスチャーで返事する時、顔の前あたりで手をパタパタしてしまってませんか。海外旅行への飛行機の中で早速やってしまいそうですが、これもvery Japanese な仕草だと思います。

日本:顔の前で手をふる
イギリス:顔の前で手を振らない(ありがちなジェスチャー、思いつきません)

航空会社の呼び方、スタバのエプロンなど、次回に続きます。

イギリス人あるある

こちらはイギリス人的思考を面白おかしく書いているおすすめ本、Rob Temple の ‘Very British Problems’ 。イギリスに住んだことがあると尚面白く読めると思います。手を叩いて笑いながら、イギリス繋がりの友達とこの話題で盛り上がってみませんか。

ABOUT ME
mistletoe(みそと)
ケンブリッジ英検、英語教材、Jamiroquai、イギリス関連情報を中心に書いています。イギリスでの経験はざっとこんな感じです。単身渡英、語学学校(Lewesにて)、アルバイト、ホームステイ、フラット・一軒家ひとり暮らし、学生ビザからレジデンスパーミットに変更、観光ビザで再入国を試みた空港での個室尋問、就職活動、イギリス企業就職数回、ワークパーミット取得、車の運転・売買・追突、永住権取得、2012年ロンドンオリンピックでの仕事。一度日本へ帰国し、家族の大学院留学同行で再渡英。ウェールズにてAirbnbホスト(ほぼ毎日満室御礼)をしながら英企業で働き、2015年ラグビーワールドカップ応援(Walesファン)。現在は東京で英系ではない会社でフルタイムで働くかたわら、イギリスが朝になると英企業に日本からリモートワーク、少し前に東京で起業した株式会社も運営しています。