日本で起業

テレワーク助成金が支給決定となりました

テレワーク

以前、東京都限定のテレワーク助成金申請をしたことをブログに書きました。あの頃は、こんなに早く2回目の緊急事態宣言がやってくるとは思わずに書いておりました。早速購入させて頂いたアイテムが役立っております。

予想はしていたものの、助成金のほうは支給決定となるまでかなり時間がかかりました。支給決定通知、助成額確定通知書を受領するまで、窓口と何回かやりとりあったので、感想を書いています。

申請から支給決定まで

約3か月かかりました。この間に窓口から質問は特になかったと思います。その代わり、私からは何回か電話してしまいました。どのくらい待たされたら心配しはじめるべきなのか加減がわからず、ついつい電話してしまったというケースです。(そういう問い合わせがあるから余計忙しくなるのでしょうね。すみません。)

支給決定から申請アイテムの購入まで

何か月も待たされたおかげで、パソコンが値下がりしていたり、タブレットが新しい世代のものが発売になったりと、結果的には自分たちにとって都合が良い結果となりました。

量販店でのポイント加算や、クレジットカードポイント

申請の時点で見落としていたのですが、量販店で購入した場合などポイント加算があった場合は、その分を申請額から差し引かないといけませんでした。(これってなぜなんでしょうか。)

例えば20万円分のポイントをつけた場合は、振り込み額が20万円少なくなってしまいます。ポイントをつけなければ、量販店にメリットがあるだけのように思うのですが、量販店ポイントがついたとしても、今後会社でその店から何か購入する予定が思いつかないので、ポイントをつけませんでした。

実績報告をした後、財団窓口より「ポイントシステムのあるショップで購入されてますけど、ポイントはつけなかったのですか?」といったような確認(疑い?)の問い合わせはきました。

無事、助成額が確定

そしてやっと申請通り全額振込が確定したところで、銀行口座の詳細を郵送する必要がありました。「申請時点で送ってるのにまた?」と思いましたが、お振込いただけるのであればお安い御用でした。

さいごに

いつごろ振り込まれるのか不明ですが、今はそれを楽しみに待っている状況です。かなりの長丁場でしたが、リモートワークの体制がスムーズに整い、助成金が頂けるということでとても助かりました。これからも活用できる助成金があったら挑戦していきたいと思います。

ABOUT ME
mistletoe
ケンブリッジ英検、英語教材、Jamiroquai、イギリス関連情報を中心に書いています。イギリスでの経験はざっとこんな感じです。単身渡英、語学学校(Lewesにて)、アルバイト、ホームステイ、フラット・一軒家ひとり暮らし、学生ビザからレジデンスパーミットに変更、観光ビザで再入国を試みたガトウィック空港での個室尋問、就職活動、イギリス企業就職数回、ワークパーミット取得、車の運転・売買・追突、永住権取得、2012年ロンドンオリンピックでの仕事。一度日本へ帰国し、家族の大学院留学同行で再渡英。ウェールズにてAirbnbホスト(ほぼ毎日満室御礼)をしながら英企業で働き、2015年ラグビーワールドカップ応援(Walesファン)。現在は東京で英系ではない会社でフルタイムで働くかたわら、イギリスが朝になると英企業に日本からリモートワーク、少し前に東京で起業した株式会社も運営しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください